特定基金詳細

project support fund

日本財団基金

冠プロジェクト

日本財団・大阪大学 感染症対策プロジェクト


 2021年秋、大阪大学と日本財団は、「日本財団・大阪大学感染症対策プロジェクト」を始動しました。
 本プロジェクトは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で明らかになった社会課題に対して、長期的視野に立ち、今後も起こり得る感染症危機において、人々の「いのち」を守り、社会・経済活動を維持するための感染症研究基盤を整備するものです。
 2030年度までの10年間にわたり、大阪大学は、2021年4月に設置した感染症総合教育研究拠点を中心に、研究型総合大学としての多様性を活かし、国内外の研究機関、産業界とのオープンイノベーションを推進し、これらの社会課題解決に向けて、科学的エビデンスに基づく情報の発信、感染症研究基盤の強化及び感染症医療人材の育成等を推進します。
 本プロジェクト実施にあたり、日本財団から、総合研究開発拠点の整備費を含め230億円規模の助成金を特定基金「日本財団基金」として受け入れる予定です。

 2021年9月14日共同記者会見(左:笹川会長 右:西尾総長)の模様


 日本財団・大阪大学感染症対策プロジェクト(全体像)

 「日本財団・大阪大学 感染症対策プロジェクト」の概要については、こちらをご覧ください。

本プロジェクトへご関心をお寄せいただいた皆様へ


 特定基金「日本財団基金」ではご寄附の受入れは行っておりませんが、大阪大学の新型コロナウイルス感染症に対する取組については、「新型コロナウイルス感染症対策基金」(学生支援、医療対策支援、ワクチン等研究開発支援)として広くご支援をお願いしております。
 皆様の温かいご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

トップへ

大阪大学未来基金

ご寄付はこちら


ご寄付はこちら