接合科学研究所教育研究支援事業


接合科学研究所教育研究支援事業について

   


 接合科学研究所は、日本学術会議の勧告に基づいて、1969年に大阪大学工学部附属「溶接工学研究施設」として設置され、その後、1972年に大阪大学の独立した部局である「溶接工学研究所」として設立されました。そして、科学技術の着実な進歩と発展、ものづくりの変革とグローバル化の大きな潮流の中で、「つなぐ」ことへの産業界の要望と期待がより高度に多様化された結果、1996年に「接合科学研究所」に改組されました。
 さて、私たちの身の回りの社会に視点を移すと、多機能モバイルフォンやタブレット、薄型テレビや家電機器、自動車や鉄道車輌、航空機や船舶、高層ビルや橋梁、発電プラントやタービン、さらにはロケット、人工衛星などの宇宙関連機器に至るまで、多種多様な「もの」と私たちの生活が関わっていることに気付きます。これらの「もの」は我が国が得意とする「ものづくり」産業から産み出されるものであり、そして、材料と材料をつなぐ、部材と部材をつなぐ溶接・接合技術があってはじめて形あるものとして産み出されるものです。
 接合科学研究所は、溶接・接合の学問を追究する上で必要不可欠な、プロセス、材料、設計・評価の三研究部門に加えて、接合科学の未来開拓に向けた附属研究施設からなる、溶接・接合技術に関する我が国唯一、世界屈指の総合研究所です。本研究所はそのダントツの強みを生かし、「ものづくり」の基盤となる溶接・接合科学の学術体系化と溶接・接合技術のイノベーション創出を通して、健全で豊かな人類社会の発展に貢献することを目指しています。また、接合科学共同利用・共同研究拠点として、国内外の多様な研究者との交流によるオープンサイエンスを図るとともに、「地域に生き世界に伸びる」をモットーとした産学連携研究を推進しています。
 接合科学研究所では、このような取り組みを発展させ、教育研究活動のさらなる充実を図るため、今般、「接合科学研究所教育研究支援事業」基金を、大阪大学未来基金に立ち上げました。何卒、本事業の趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。
 接合科学研究所のサイトはこちらをご参照ください。

基金の活用プラン


 皆様からのご厚意は、接合科学研究所における以下の教育研究活動の支援に活用させて頂きます。

①接合科学に関わる教育研究活動支援(研究設備・教育研究環境整備等の支援)
②学生・留学生・研究者の支援(奨学金・海外交流等の支援)
③社会・地域活動支援(一般講演会、シンポジウム、講習会等の開催支援)

ご寄付の方法

 本ウェブサイトから、クレジットカード、銀行振込等でご寄付いただけます。
 くわしくは、下記「ご寄付はこちら」をご参照ください。
 なお「接合科学研究所教育研究支援事業」は大阪大学未来基金の中の一事業として位置づけられていますので、本事業にご寄付いただく場合には、「大阪大学未来基金」の寄付目的を「接合科学研究所教育研究支援事業」と指定していただくようお願いいたします。


ご寄付はこちら

お問合せ先:大阪大学 未来基金事務局
      (渉外本部内)
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1
TEL:06-6879-8327(吹田 8327)
FAX:06-6879-4337(吹田 4337)
E-mail:
お問い合わせはこちらから
当サイトへのリンクについては、こちらを御覧ください。

ページの先頭へ