プロジェクト詳細 - project

学生のための図書と設備の充実を支援する基金

その他

  •  
  •  
  • このプロジェクトに寄付をする

附属図書館「学生のための図書と設備の充実を支援する基金」について

写真 本事業は、大阪大学附属図書館における本学の学部生・大学院生の学習環境向上をはかるため、図書と図書館設備の充実を支援することを目的としています。
大阪大学附属図書館の設置は、1931年の大阪帝国大学創設に遡り、その蔵書は、本学の前身にあたる大阪医科大学・大阪工業学校・大阪外国語学校・大阪高等学校・浪速高等学校のほか、市民の学問所であった懐徳堂の蔵書を引き継いでいます。
附属図書館は、これら重厚な蔵書の蓄積の上に最新の研究成果を積み重ねるとともに、ICT環境、アクティブ・ラーニングスペースの拡充など学習環境の整備・充実に努めてきました。
このような附属図書館の取り組みを発展させ、学生の授業外学習環境の充実を図るため、「学生のための図書と設備の充実を支援する基金」を立ち上げました。

基金の活用プラン

皆様からのご厚意は、附属図書館における教育研究支援活動に活用させて頂きます。

(1)学生用図書等の整備・充実
授業の予習・復習だけでなく、専門知識を深め、幅広い教養を身に付けるためにも、学生用図書等の図書館資料の充実が欠かせません。学問研究の進展、学生の学習ニーズに合わせた蔵書構成となるよう整備に取り組んでいます。
(2)学生の利用する机・椅子・機器等の整備・充実
授業外の学習場所として、本学学生は附属図書館を大いに活用しています。基本設備である机・椅子の更なる充実が不可欠です。また近年では、図書館内に共同学習スペースであるラーニング・コモンズを設けており、電子機器、移動式ホワイトボード等、学生の多様な学習スタイルに対応できる設備も充実させていく必要があります。

附属図書館の活動については附属図書館Webサイトをご覧ください。

ご寄付の方法

本ウェブサイトから、クレジットカード、銀行振込等でご寄付いただけます。
くわしくは、下記「クレジットカードで寄付をする」または「銀行振込等の方法で寄付をする」をご参照ください。
なお、本事業にご寄付いただく場合には、「大阪大学未来基金」の寄付目的を「学生のための図書と設備の充実を支援する基金」とご指定していただくようお願いいたします。
  • クレジットカードで寄付をする
  • 銀行振込等の方法で寄付をする

トップへ

大阪大学未来基金

ご寄付はこちら


ご寄付はこちら