プロジェクト詳細 - project

全国七大学総合体育大会運営支援事業

課外活動等

  •  
  •  
  • このプロジェクトに寄付をする

全国七大学総合体育大会運営支援事業について

七大戦とは?
正式名称は「全国七大学総合体育大会」であり、北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学が参加・運営する総合体育大会です。七大戦は、遡ること1962年(昭和37年)、北海道の地で20競技程度から始まりました。それまでも七大学の各運動部は定期戦を独自に行っていましたが、北海道大学体育会委員長であった学生が「これらの定期戦を一つの大会にまとめ、大学対抗で競うものにできれば面白いのではないか」という、無謀ともいえる計画を思いつきます。彼は全国七大学を巡り、各大学の学生たちの理解と協力を得ていきました。そして1962年、七大戦は産声を上げたのです。現在、七大戦は第58回大会を迎え、31競技43種目を抱える大会へと成長しました。さらに、2020年は、東京オリンピックと同じ年に主管校を大阪大学として第59回大会が開催されます。

七大戦の運営理念
七大学は自校の伝統と誇りをかけて、5つの理念の下、総合順位を競っています。
(1)真のアマチュアリズムの追求
(2)学生による自主運営
(3)競技レベルの向上
(4)他大学との親睦をはかる
(5)運営費の削減

第59回大会へ向けた運営
大阪で開催される第59回大会の運営は、大阪大学体育会の構成員を中心とした第59回全国七大学総合体育大会実行委員会が行っております。同年に東京オリンピックが開催されることもあり、会場確保、宿泊施設の確保などに奔走しております。

第59回大会実行委員長からのご挨拶
1962年、七大戦第1回大会が北海道の地にて開催されました。1965年の第4回大会に初めて主管を務めて以来、2020年は大阪における9回目の開催となり、59回目の全国七大学総合体育大会を迎えます。
私、実行委員長といたしましては、このような伝統ある大会に関わることができることを誇りに思い、七大学の歴史に残る大会となるよう誠心誠意努力し、万全を期す所存であります。
しかし、大会運営にあたり、前回主管大会と境遇が大きく異なるため、会場費・用具費といった資金面での問題があり、非常に困難な局面に立たされております。
そこでこの度、大阪大学未来基金のプロジェクトの一つとして「全国七大学総合体育大会運営支援事業」を立ち上げる運びとなりました。第59回全国七大学総合体育大会を、七大学の選手一同が日々の練習の成果を遺憾なく発揮し、またその後の競技人生の礎となる大会とする為、どうかお力添えして頂きたく思います。皆様お一人お一人のご支援が私たちにとって、とても大きな力になります。
実行委員会一同、第59回全国七大学総合体育大会の成功に向けて運営して参りますので、ご支援頂きますようよろしくお願い申し上げます。
全国七大学総合体育大会運営支援事業について

基金の活用プラン

みなさまからいただきましたご寄付は、競技で使用される物品の購入や賞状作成、式典の運営に活用させていただきます。

ご寄付の方法

クレジットカード、銀行振込でご寄付いただけます。
くわしくは、下記「クレジットカードで寄付をする」または「銀行振込等の方法で寄付をする」をご参照ください。
なお、本事業にご寄付いただく場合には、「大阪大学未来基金」の寄付目的を「全国七大学総合体育大会運営支援事業」とご指定していただきますようお願いいたします。
  • クレジットカードで寄付をする
  • 銀行振込等の方法で寄付をする

トップへ

大阪大学未来基金

ご寄付はこちら


ご寄付はこちら