プロジェクト詳細 - project

体育会ヨット部支援事業

課外活動等

  •  
  •  
  • このプロジェクトに寄付をする

体育会ヨット部支援事業について

写真 ヨット部の歴史
 大阪大学体育会ヨット部は昭和9年(1934)大阪帝国大学医学部ヨットクラブとして発足し、当初はA級ディンギーやクルーザーなどで活動されていました。やがて工学部も加わり、運動競技部としての道を歩み始めました。戦後再開された大学選手権(インカレ)では昭和28年(1953)全国4位の成績を収め、その後も次々に上位入賞を果たし、黄金時代となりました。その中でも昭和38年(1963)の全日本インカレ準優勝は大阪大学体育会ヨット部の歴史の中で最高順位となっています。
 しかし昭和39年(1964)初代の西宮浜艇庫が台風により崩壊し昭和41年(1966)新艇庫に移転、その後は部員数も戦績も乱高下いたしました。昭和44年(1969)には部員数が14人に激減しましたがそんな中でも昭和47年(1972)関西インカレ総合優勝と470級全日本インカレ3位を勝ち取り、部員数と実力は徐々に回復の道を歩み始めました。そして昭和53年(1978)、55年(1980)、57年(1982)の3回に渡り、国立七大学戦(七帝戦)優勝、56年(1981)には全日本インカレ総合3位を獲得しました。この間関西インカレでは常に上位を占めることが出来ましたが全日本での戦いは年々厳しくなっていきました。平成7年(1995)阪神大震災により西宮浜の艇庫は全壊しました。約2年後3代目艇庫(現在の西宮艇庫)が新西宮ヨットハーバーに完成しました。平成26年(2014)にはスナイプ級で全日本インカレ10位を取るものの部員数が低迷、一時5名と減少しましたが、皆様からの熱い支援を受け、令和元年(2019)現在はプレイヤー28人、マネジメントスタッフ10人まで回復し全日本インカレ優勝を目指して活動しております。

写真 未来編
 阪大ヨット部は、昨年念願の全国インカレ両クラス出場を果たしました。470クラスの復活から4年、マネジメントチーム設立から1年が経った2020年。今年は全日インカレ国公立1位を目指す10カ年計画の4年目でもあり、私たちは目標達成のために組織を固め、着実な成果を積み重ねています。来たる2026年度全国インカレにおいて国公立一位という高い目標を達成すべく、目の前の練習を、波を、風をわれらが阪大ヨット部という帆で乗り越えていきます。





写真 3チーム編
 スナイプチームは2017年より連続で全日本インカレに出場し、強豪チームといえるまでに成長しました。
それに対し、一度は人数不足から両クラスの運営が困難になりクラス活動消滅の憂き目を見た470チーム。2016年に復活を遂げ、右も左も分からない状況から試行錯誤を繰り返しようやく全日インカレ出場を果たすことができました。
 そしてマネジメントチームは2019年に正式に発足した若いチームであるものの、両クラスでのインカレ出場を果たしたこの年に大きく成長しました。普段の練習では、栄養バランスを考えた昼夜の食事準備や海上での練習の運営やサポート、選手の体力管理やトレーニングの管理など多くの面で選手をサポートしています。また大会などでは、陸と海の協力体制を作り得点計算を通してチームの成績に大きく関わっています。
今後全日インカレ常連校になるために、3チームの連携を強めて練習の質を高めていきます。

写真 ヨット部主将からのご挨拶
 私たち大阪大学体育会ヨット部は、人材育成・人間的成長を目的とし、目標に全日本インカレ優勝を掲げて練習、大会などの活動を行っています。
 一時期部員が減少し廃部の危機に陥りましたが、摩耶帆友会(ヨット部OB・OG会)によるご支援もあり人数的に持ち直し、近年は全日本インカレに出場することができるようになっています。しかし、今後私たちが全日本インカレで勝ち進むにあたり資金面での問題に直面しております。特に、最近の全日本インカレでは関東勢の活躍が目立っており、負けないための一つの手として遠征などが考えられます。しかし、部費を増額し無駄を省き、会計を見直してはいるものの、運営は厳しい状態が続いております。学生である私たちにとって、学業との両立を考えるとこれ以上の活動費用を負担することは厳しい状況です。
 3年前に始まった、大阪大学未来基金のプロジェクトの一つである「大阪大学体育会ヨット部支援事業」を通して、これまで多くの支援をいただいておりますが、大阪大学体育会ヨット部が全日本で名を轟かせるため、どうかお力添えを頂きたく思います。
皆様お一人お一人のご支援が私たちにとって、とても大きな力になります。
 部員一同、全日本インカレ優勝を目指し、日々の練習に励んで参りますので、ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

第87代 主将 佐藤稜真

大阪大学体育会ヨット部の活動についてはこちらのサイト をご参照ください。
パンフレット(ご寄附のお願い)についてはこちらをご参照ください。

基金の活用プラン

皆様からいただきましたご寄付は、体育会ヨット部の活動活性化のために活用させていただきます。
(1)新艇の購入:国際スナイプ級ヨット艇体、国際470級ヨット艇体
(2)備品 : 艇体別のマスト・ブーム・セール・艤装品一式
(3)その他(救助艇の保守・艇庫のメンテナンスなど)

ご寄付の方法

ゆうちょ銀行、全国の金融機関からのお振込、インターネットバンキングでのお振込のほか、クレジットカードで申込手続きを行っていただけます。
くわしくは、下記「クレジットカードで寄付をする」または「銀行振込等の方法で寄付をする」をご参照ください。
なお、本事業にご寄付いただく場合には、「大阪大学未来基金」の寄付目的を「体育会ヨット部支援事業」とご指定していただきますようお願いいたします。
  • クレジットカードで寄付をする
  • 銀行振込等の方法で寄付をする

トップへ

大阪大学未来基金

ご寄付はこちら


ご寄付はこちら