プロジェクト詳細 - project

人間科学部・人間科学研究科教育研究推進事業

学部・研究科等

  •  
  •  
  • このプロジェクトに寄付をする

人間科学部・人間科学研究科教育研究推進事業について

 人間科学部・人間科学研究科は,多様な学生が自由に学び,研究できる教育研究環境を整えることを目指しています。そのため,未来基金によって資金を募り,以下の4つの事業を展開しています。本事業の趣旨にご賛同いただき,ご支援を賜りますよう,よろしくお願いいたします。詳細は,人間科学部・人間科学研究科のサイトに掲載された窓口からお問い合わせください。

1. 人間科学部設立50周年記念事業の支援
 人間科学部・人間科学研究科は,日本で最初に「人間科学」を掲げた学部・研究科です。設立からまもなく50年を迎えようとしていますが,これからの時代には,ますます総合的な「人間科学」が求められるようになるでしょう。パイオニアとしての誇りをもって,以下の取り組みを進めています。
 一つは「人間科学部・研究科50年史」の作成です。これまでの人間科学部・研究科の展開や軌跡をまとめつつ,人間科学という学問の過去・現在そして未来を見え据えていきます。本学・研究科の変遷だけでなく,本学に関わってきた教員や卒業生などへの聞き取りも行いながら,本学・研究科の魅力を広く知ってもらえる内容にしていきます。

 もう一つは,「人間科学サミット(仮)」の開催です。国内外の人間科学に関わる学部・研究機関と協働してシンポジウムを開催し,相互交流を通じて人間科学のさらなる発展を目指します。また,「人間科学賞(仮)」設立し,人間科学に関わる若手の研究者や社会で活躍される企業・実践者を支援していく予定です。

2. 学生の教育研究活動の支援
写真  大阪大学人間科学部・人間科学研究科は,学際的・実践的・国際的な教育研究に幅広く取り組んでいます。未来基金の一部は,学部生・大学院生の海外の研究機関への派遣,学会参加費,外国語校正費用,障害を持った学生の支援などに充てさせていただきます。学生がさまざまな経験を積む手助けをしていきたいと考えています。





3. 子育てと学業・研究の両立支援
写真  大学院生は経済的には不安定であり,女性に限らず,男性の学生も結婚し,子どもを育てている場合,多くの困難に直面します。しかしながら保育園等への入園が難しい昨今,子どもを預けられないことで,教育研究上の大切な行事に支障をきたすこともあります。大阪大学でも保育園を設けていますが,臨時に子どもを預ける費用も学生にとっては大きな負担です。そのような子育て中の学生を少しでも支援するために,人間科学部・研究科では独自に,この未来基金を利用して子育て支援を始めています。



4. 英語外部検定試験の受験料支援
 海外での研究活動には英語力が不可欠です。学生が現在のレベルを知り,それを向上させていくために,TOEICやTOEFLなどの英語外部検定試験の受験が奨励されています。これらの試験の受験料は高額のため,学生にとっては大きな負担となります。そこで,この未来基金を活用して,学生の向学心をサポートしていきます。

人間科学部・人間科学研究科のサイトはこちらをご参照ください。また、Facebookもございます。

ご寄付の方法

クレジットカード、銀行振込でご寄付いただけます。
くわしくは、下記「クレジットカードで寄付をする」または「銀行振込等の方法で寄付をする」をご参照ください。
なお、「人間科学部・人間科学研究科教育研究推進事業」は、大阪大学未来基金の中の一事業として位置づけられていますので、本事業にご寄付いただく場合には、「大阪大学未来基金」の寄付目的を「人間科学部・人間科学研究科教育研究推進事業」と指定していただくようお願いいたします。
  • クレジットカードで寄付をする
  • 銀行振込等の方法で寄付をする

トップへ

大阪大学未来基金

ご寄付はこちら


ご寄付はこちら