レーザーエネルギー学研究教育支援事業


レーザーエネルギー学研究教育支援事業について


 21世紀は光の時代と言われております。レーザーの発明以来、光科学技術は一新され、その単色性、エネルギー集中性等の特徴を生かして、基礎物理学、環境・エネルギー、電子・情報科学、最近では生物・生命科学や医療等、幅広い応用分野が展開されております。
 レーザーエネルギー学研究センターは、光の可能性を拡げ、新たな研究を展開し世界に貢献してゆくため、高出力レーザーを用いて、超高密度、超高温度、超高強度場など、他に類を見ない極限的な物質状態を作り出し、レーザー宇宙物理やレーザー核融合科学等を研究する「高エネルギー密度状態の科学」の開拓を行っています。また、ペタワットレーザーを用いて、相対論的プラズマ物理、レーザー核科学などの新しい学術分野の創成も目ざしています。
 さらに、テラヘルツ波からX線、ガンマ線に至る幅広い周波数領域の高輝度電磁波や高エネルギー荷電粒子の発生とその応用の開発研究を進めています。これらの電磁波や高エネルギー粒子ビームは、小型加速器、次世代半導体デバイス開発のための極短紫外(EUV)光源、非破壊検査、リモートセンシング、癌診断・治療などへの応用が可能です。
 レーザーエネルギー学研究センターでは、このような取り組みを発展させ、研究教育活動のさらなる充実を図るため、今般、「レーザーエネルギー学研究教育支援事業」基金を、大阪大学未来基金に立ち上げました。何卒、本事業の趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。
レーザーエネルギー学研究センターのサイトはこちらをご参照ください

基金の活用プラン


 皆様からいただきましたご寄付につきましては、レーザーエネルギー学研究センターにおける以下の研究教育活動の支援に活用させていただきます。

 ○ レーザーエネルギー学の研究教育活動支援(研究設備・研究教育環境の整備支援)
 ○ 学生・若手研究者の支援(奨学金・海外派遣)、留学生支援
 ○ 社会・地域活動支援(講演会、シンポジウム等の開催支援)

ご寄付の方法

 クレジットカード、銀行振込等でご寄付いただけます。
 くわしくは、下記「ご寄付はこちら」をご参照ください。
 なお「レーザーエネルギー学研究教育支援事業」は、大阪大学未来基金の中の一事業として位置づけられていますので、本事業にご寄付いただく場合には、「大阪大学未来基金」の寄付目的を「レーザーエネルギー学研究教育支援事業」と指定していただくようお願いいたします。


ご寄付はこちら

お問合せ先:大阪大学 未来基金事務局
      (渉外本部内)
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1
TEL:06-6879-8327(吹田 8327)
FAX:06-6879-4337(吹田 4337)
E-mail:
お問い合わせはこちらから
当サイトへのリンクについては、こちらを御覧ください。

ページの先頭へ